自動車業界の中ではお互いの不得意とする部分を補うOEM契約というものが蔓延っています。例えば軽自動車が苦手な日産はスズキや三菱、NMKVからのOEM供給を受けていますし、逆に高級乗用車が現在のところ存在しない三菱は日産からOEM供給を受けています。
こうやってお互い助け合っているのですが、どの場合も自動車メーカーやその販売店はOEM車であることを隠そうとします。それもそうです、他社で作った車をそのまま販売して、さも自分のところで作ったかのような顔で販売するのですから気まずくなるのもわかります。
更には同じ自動車メーカー内で作った車であっても販売店違いの兄弟車もあまり堂々と言いたくないようです。一台の車をちょこっとデザインを変えて2種類の車として売っているのですから後ろめたさも出るはずです。
OEMや兄弟車として販売したいとしても騙せるのは車を単なる道具としてしか見ていない方達だけで、ほとんどの方はお見通しです。ノアとヴォクシーが同じ車であることも86とBRZが同じ車であることもみんな知っています。
それならもっと堂々と「この車は他社のものです」とか「○○店でも名前を変えて売っています」といってもいいのではないでしょうか。