エコブームなる効果があるのかどうか疑わしいものが日本の中では話題になっていますが、このエコブームによって、危機に追い込まれたのが自動車業界です。
昔から環境のことなどを語る上で、工場の垂れ流しの汚水や煙突からの煙を差し置いて、一番に悪者にされていたのが自動車で、その結果、排気ガス規制などが年々厳しくなってきているのです。
しかし、その状況を逆手にとって、「排気ガスが問題ならそれが少なければいいんでしょ」といった感じで作られたのがEVやハイブリッドカーで、特にハイブリッドカーは、充電設備も必要としないことから大人気の車種となりました。
ただ、ハイブリッドカーが大ブームになったからといって必ずしも、エコ意識が強いというわけではありません。
その理由は、ハイブリッドカーの先駆け的存在となるトヨタのプリウスの歴史を見れば手に取るようにわかります。
プリウスは、1997年のまだエコブームなどが無かった時代に生まれました。
当時は同クラスのガソリンエンジン車と比べてもかなり燃費がよく、排気ガスの排出も少ないことがわかっていましたが、車両価格が非常に高く、公共団体や新し物好きの人間ぐらいしか買う人はいませんでした。
しかし、ある時爆発的ヒット車種となった時がありました。それがエコカー補助金やエコカー減税が始まった時です。
これによって安く車が買えるということから注文が殺到し、ハイブリッドカーにプリウスありということになったのです。
しかし、エコカー補助金が終わった今では、プリウスの販売台数は激減、変わってもっと車両価格の安いアクアや軽自動車などに人気が集中したのです。
結局のところ、日本人にとってのハイブリッドカーはエコ意識ではなく、車両価格でしかないのです。