自動車で人身事故を起こした時のために、「人身傷害保険」というものがあります。
普通人身事故を起こした時は、過失の割合などで交渉をして、相手の過失分以外の損害は自己負担になってしまいます。示談が成立するまでには結構な時間がかかるので、もし入院とかになった場合は治療費なども用意しなければなりません。
人身傷害保険に入っていれば、過失の割合に関係なく保険金が支払われます。ただし、損害額から相手から受け取った賠償金の額が引かれて支払われます。
例えば、過失の割合が5:5で、損害が1000万円だったとします。保険に入っていない場合は相手の過失分の500万円が賠償されて、残り500万円は自己負担になりますが、保険が適用されれば残り500万円が支給されて自己負担がなくなります。
保険が適用されなケースもいくつかあります。もしも事故を起こした車が保険に加入している車だったとしても、その車が運転手の業務のために運転されていたならば保険金はおりません。なので、不動産屋さんが下見に回ったり飲食店が出前の配達をしていた時に起きた事故は、保険適応外です。
もちろん、自殺目的で反対車線に突っ込んだなど、大幅な過失がある場合にも適応されません。人身傷害保険は、生命保険よりも若干支払われる額が高いそうです。保険料もそこまで高額ではないので、入っておいたほうがいい保険だと思います。