自動車保険を選ぶとき、一番大切なのは対物保険や対人保険です。
事故を起こした時相手方に支払うための保険は、できるだけ金額無制限のものを選ぶほうがいいです。
例えば、対物保険だと300万円までなど保険金額に上限があることが多いです。
普通の自動車とぶつかった程度なら十分足りる金額ですが、もし相手の車が高級外車だったり高額な商品を積んだトラックだったりした場合大変です。
対人保険もでも、同じように上限金額を定めている保険会社は多いです。
自分の運転で歩道に突っ込んでしまって、何人もの死者を出してしまったという事態になるケースが時々ニュースでも目にします。
そういう時、最大限の保険金でも損害賠償金額には足りません。
なので、対物・対人保険が充実しているかどうかが大きな観点となります。
他にも、「人身傷害保険」か「搭乗者傷害保険」かという部分も重要です。
どちらも自分のケガに対する保険ですが、適用のされ方と支払いのされ方が違います。
対人保険の場合は、治療にかかった実費分が支払われます。
対して搭乗者傷害保険は、入院費や通院費が定額になっていて、×日数分が支払われます。
保険金額的にはそこまで大きな差はないように思えます。
ですが、対人保険は保険会社から病院へ直に支払われ、搭乗者傷害保険は治療後被保険者に支払われます。
こうしてみると、搭乗者傷害保険は一時的に治療費を自己負担しなければなりません。
急な事故のことを考えると、人身傷害保険のほうが安心できます。
このように、「自動車保険」の中でもたくさんの種類があります。
保険選びは自動車選びよりも大切なので、慎重に自分に合った保険を選べるといいですね。