国産車も最近ではどんどん輸出され、グローバルな展開を見せてはいますが、やっぱり国土の狭い島国である日本と面積が広く、国境が陸続きとなっている国とでは作る車が全く違います。
特に走行性能に関しては日本は1ランクも2ランクも劣っているのです。
それはやはり速度無制限の高速道路持つ国や永遠に続くかと思うぐらい長い直線道路を持つ国と、最高速度100kmk/h、市街地ではほとんど停止状態となる日本ではエンジンの使い方が違うのです。
ただやっぱり日本国内で車に乗るのであれば、日本の道路を知っている国産車が一番運転しやすいというの事実だと思います。
しかし、輸入車には、車の性能以外にもいろいろなメリットがあります。
それは、車を買ったままの状態で乗る方には全く関係ない話なのですが、車が好きでいろいろ改造する方には非常にありがたいことなのです。
輸入車は、輸入が許され、日本のナンバーを取得した時点で日本の公道を走ることが許されているわけで、国産車と同じ扱いを受けている形になっていますが、これが車検となると全く扱いが違います。
国産車ではあれはダメ、これはダメなどといろいろ指摘されるのですが、輸入車ですとよっぽどひどい状態でない限り、ほとんどパスしてしまうのです。
これは、政治的な問題も絡んでおり、厳しくしてしまうと外交以上問題となってしますからなのです。
チューニングをする人間にとっては輸入車は非常にありがたい車なのですが、いかんせん高すぎます。
カローラレベルの車に500万円は出せませんよ。

外車買取